八丈島空港ターミナルビル
八丈空港管理事務所 賑わいと感動を





八丈島空港周辺でのドローン使用について




近年、「八丈島にてドローンを使用したいが、空港に対して申請等が必要か」といったお問合せが増加傾向にあります。 本ページでは、ドローン使用に関する一般的なルール、及び八丈島内でドローンを使用する場合の注意点を簡単に解説いたします。



  1. ドローンの使用に関しては国土交通省によりルールが決められております。 先ずは、国土交通省Webサイトの「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」をご一読下さい。

     無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール



  2. 上記サイトのうち、
     2.無人航空機に係る航空法改正について
     (1)無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について
     (A)空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域

    について説明いたします。

    各空港には「制限表面」というものが設定されております。制限表面は「これ以上の高さに建物や飛翔体が存在すると、空港へ離着陸する航空機へ影響を及ぼす」ことを意味します。 ドローン使用時に、制限表面以上の高さで飛行させる場合、上記サイトの通り事前に国土交通省の許可が必要となります。


    八丈島空港において制限表面が設定されている範囲(以下、制限表面設定範囲)については、以下の国土地理院Webサイトを参照下さい。

     八丈島空港の制限表面設定範囲


    上記サイトの地図上にて、緑色で着色された区域(円、および矩形)が八丈島空港の「制限表面設定範囲」となります。



  3. 八丈島内にてドローンをご使用になる場合、前述の1、2に従い「制限表面設定範囲内かどうか」「制限表面以上の高さを飛行するか」を考慮する必要があります。 具体的には、使用場所と飛行高度により、下表の通りのご対応をお願いします。

    使用場所 飛行高度 使用時の注意
    制限表面設定範囲外 地表から150m未満 特に制限なく使用可能。
    地表から150m以上 事前に国土交通省の許可を取得してから使用する。
    制限表面設定範囲内 ※ 制限表面の高さ未満で飛行 制限高度を守れば特に問題なく使用可能。
    ※ 制限表面の高さ以上で飛行 事前に国土交通省の許可を取得し、尚且つ航空機の離着陸時間を避けて使用する。



  4. 上記※の「制限表面の高さ」については空港管理事務所へお問合せ下さい。制限表面の高さは場所によって異なるため、一概に「高度○mまで可能」とは申し上げられません。 ドローン使用予定地をお伝えいただければ、空港管理事務所にて使用場所毎の制限高度を計算することが可能です。



  5. その他、ご質問等あれば八丈島空港管理事務所までお電話下さい。





  6. <お問合せ先>

     八丈島空港管理事務所:電話 04996−2−0163

    事務所運用時間: 6:30 〜 18:30(年中無休)






Copyright 2016 Hachijo-jima Airport terminal building INC.