八丈島空港ターミナルビル
八丈空港管理事務所 賑わいと感動を



空港管理事務所の業務紹介



八丈島空港は東京都が設置・管理する都営空港です。八丈島空港管理事務所では、航空機の安全運航のため空港内の各設備の保守運用や、空港使用届の受理、立入制限区域への人・車両の入退場管理など、空港に関連する様々な管理業務を行っています。
平成28年度より指定管理者として、八丈島空港の管理運営に携わっています。

空港管理事務所が行っている主な業務を紹介いたします。



 滑走路等、空港設備の点検・管理  緑地帯の維持管理  航空灯火施設の運用維持管理  バードスイープ

 夜間救急ヘリの対応  駐車場交通整理  緊急時の対応訓練





 滑走路等、空港設備の点検・管理

滑走路内を巡回して破損や異常の有無を点検し、滑走路上に小石などの異物があれば取り除きます。たとえ指先ほどの小石や金属片であっても、航空機のエンジンに吸い込まれてしまえば、故障・事故の原因となり得るため、見落としは許されません。
その他、制限区域内道路や場周柵フェンス、駐車場など、各設備の点検を日々行い、空港を利用されるお客様と航空機の安全、および空港のセキュリティ維持に努めています。


滑走路を車両で巡回中 場周フェンス5km余りを徒歩で点検中
滑走路の巡回 場周フェンスの点検

業務紹介に戻る↑




 緑地帯の維持管理

定期的に場内の除草作業を行い、滑走路を正常・安全な状態に維持するのも、空港管理事務所の仕事です。



業務紹介に戻る↑




 航空灯火施設の運用維持管理

滑走路およびその周辺には、航空機の離着陸時に使用される「航空灯火」が設置されています。八丈島空港管理事務所では、毎日の点灯状態確認や定期的なメンテナンスを行い、航空灯火の安定した運用に努めております。


滑走路上の灯火の点灯状態を点検 滑走路埋込み型灯火の分解・洗浄作業
滑走路上の灯火の点灯状態を点検 滑走路埋込み型灯火の分解・洗浄作業

また、飛行場外にも航空灯火は存在します。これらはパイロットへ山などの障害物の存在を知らせたり、滑走路への着陸方向を示す役割があります。飛行場外であっても、灯火周辺のフェンス内は空港の設備であり、関係者以外立入禁止となっています。


着陸方向を示す簡易式進入灯(三根・野球場隣) 山の存在を示す航空障害灯(三原山山頂)
着陸方向を示す簡易式進入灯 山の存在を示す航空障害灯

業務紹介に戻る↑





 バードスイープ

滑走路近辺を飛ぶ鳥の群れは、航空機にとって危険な存在です。海外では、離陸時にエンジンへ鳥が吸込まれたことが原因となり墜落事故に至った事例もあるため、八丈島空港管理事務所においても鳥の動向には常に目を光らせています。航空機の離着陸の妨げとなり得る位置に鳥の群れがいる場合は、車両での追い払いや、専用の花火や拡声器を用いて音による威嚇を行い、鳥を滑走路外へ追い出します。



業務紹介に戻る↑




 夜間救急ヘリの対応

八丈島空港の運用時間は通常8:00〜18:00ですが、急患搬送ヘリ出動などの緊急時には、運用時間外であっても空港を使用できる体制を整えています。



業務紹介に戻る↑




 駐車場交通整理

八丈島空港の駐車場には274台分の駐車スペースがありますが、GW・お盆・年末年始などには、満車に近い状態となります。そのため、繁忙期には空港管理事務所で交通整理に当ります。利用されるお客様にはご不便をおかけしますが、ご協力のほどお願いいたします。



業務紹介に戻る↑




 緊急時の対応訓練

八丈島空港では、航空機事故やハイジャック等、万が一の事件・事故に備え、島内の各機関と連携し、毎年訓練を実施しております。


消火救難訓練 消火救難訓練
消火救難訓練

不法侵入者対応訓練 不法侵入者対応訓練
不法侵入者対応訓練

業務紹介に戻る↑


Copyright 2016 Hachijo-jima Airport terminal building INC.